読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLUMN0047

プロレスときどきサッカー。素人の思ったことつれづれ。

読書記録

プロレス

『女子をこじらせて』を夢中で読み終えた直後、人ごととは思えなくて脱力してしばらく何も手につかなくなる。そんな呆っとした気分のまま何気なく手に取り読み始めた『1985年のクラッシュギャルズ』はまるで『女子をこじらせて』の続編あるいはひとつのアンサーのようで全然脱力できず食い入るように読み進めてしまった。

どうしようもなく産み出される葛藤と、それを昇華する長与千種のプロレスとがリンクして、何故自分はプロレスを見たくなるのか、という理由を説明してもらっている気がする。

奇跡的な読書体験ができた『女子をこじらせて』と『1985年のクラッシュギャルズ』は勿論それぞれ独立した書籍でそれぞれにお薦めなのだけれど、併せて読むとより味わい深くなると思います。

激しくおすすめ。