COLUMN0047

プロレスときどきサッカー。素人の思ったことつれづれ。

1.9 新春リボン感想など その2

さて、後半戦の感想など続けて書いていきたいと思います。

飯田美花&藤田あかねvs.つくし&山下りなのWAVEとアイスの混成タッグ同士の対戦となった第四試合もテンポがあって見ごたえのある試合になりました。つくしのスピードと山下りなのパワーと勢いに対して、飯田のレスリングテクニックとあかねのパワーと負けん気が拮抗しまして、見ているこちらも力が入ります。あかねが耐える場面が多かったのですが、大晦日の猫子さん引退試合を経た藤田あかねはそんなに簡単に負けるわけにはいかんのだ。という意地を見せてくれたと思います。最後は山下のバックドロップとつくしのフットスタンプの前に敗れてしまいましたが、一歩ずつ前進はしているように僕には見えました。勝利が付いてくるまではあと少しかかるかもですが、伝わる試合はしてくれているので是非とも頑張って欲しいな、と個人的には思っております。 IMG_1309

そしてセミファイルは大晦日アジュレボとの挑戦者決定戦に勝利したブリバトが、ベストフレンズの持つタッグベルトに挑戦する選手権試合。両者とも歌つきの入場で華やかな感じです。

つっか取締役も良い表情で歌っております。 IMG_1315 IMG_1319 IMG_1326

試合は結果的にはベストフレンズの強さを改めて実感したわけですが、ブリバトは思った以上に善戦したと思います。残り時間も3分程度で王者組を焦らせることには成功したのではないでしょうか。ここ一番での大技が開発されればブリバトはもっと上まで行けるように見えました。しかし、ベストフレンズは強いです。アイスの中ではらぶっちゃくらいしか対抗できる勢力はない気がするのですが、それもAvidRivalに敗れてますし、女子プロレス全体で見てもラスアベとかサンダーロックくらいのレベルじゃないと取れないかもしれないですよね。サンダーロックとやるのは難しいでしょうが今後の展開も気になるところです。 IMG_1352

あ、そして、この試合後、松本都選手が急にマイクを持ったと思ったら、ベストフレンズの歌には振りがないので振りをつけたほうがいい。自分が振付け師をブッキングしてやってもいい、というご意見をぶつけます。どうなるかは分からないのですが、2回見たけど自分も振りはあった方が良いように思ったので、唐突ではあるものの指摘自体はごもっともだったのでした。

さて、メインは大晦日の後楽園ホールで挑戦表明した宮城もち選手が新チャンピオンハム子さんに挑むICEx∞選手権試合。昨日、もちさんのブログ 読んだことでよりテンションが上がっての観戦だったこともありシンクロ率はいやがうえにも高まります。 IMG_1359

らぶっちゃで見てた時は似てる二人だと思って見てたのですが、もちの方が技数も多めでテクニカルな戦い方をするのに対して、ハムさんの方がパワーで押していくタイプなんだなと今更ながらに気づいた一戦でした。最後はハム子さんが掟破りのメタボリックサンドからのダイビングボディプレスでチャンピオンの勝利。 IMG_1371

試合後はもちとハムさんのやりとりがあったのですが、もち「笑われたりとかかっこ悪いところのほうが他の選手よりも多いと思うんだけど、、、」に対して、ハム「笑われたっていいじゃない!」に、泣いちゃったよね。

きっと後楽園ではタイトルマッチが組まれるのだと思うのですが、誰が名乗りをあげるのかも注目です。 IMG_1403

さて。エンディングは改めてあおい選手の挨拶、からの、(つっかスノーブロウくらって2で返してブーイング、からの)青春ピラミッド。 IMG_1394

まるちゃんの成人お祝い。着物で登場。 IMG_1396

今回もプロレスでハッピーはいかんなく発揮されました。後楽園も大桟橋ホール大会も楽しみであります。