読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLUMN0047

プロレスときどきサッカー。素人の思ったことつれづれ。

10.12どうなることやら

プロレス

ここのところ新日以外の興行に足を運びがちではあったのですが、10.12両国大会には足を運ぶ予定です。

カードも決定していよいよ高まって参りました。メインのオカダvs.AJには当然期待があるわけですが、権利証を掛けた棚橋vs.トランキーロさんにも俄然注目が集まります。

内藤さん確かに面白いんですが、あの感じでのらりくらりやって、(ビッグマッチの時は特に)最後デスティーノで決める、ってパターンは何回も見てると少し飽きがきてるというか、「変わった内藤なんか面白い」の次をファンは期待してしまうところ。まあそれもトランキーロなんだと思うのですが、「焦んなよ」って事は「この後なんかあるのか?」と思ってしまうのが人情というもの。その予感くらいは小出しにして欲しくなってしまうのだから、現代人特有のは堪え性のなさを嘆くよりほかありません。

ただ、逸材さんが指摘した「焦ったほうがいい」発言もそのあたりからきてるのかもしれませんね。だから、というわけではないでしょうが、遂にロス・インゴベルナブレスのメンバーを呼ぶみたいな発言も内藤さんから見え隠れしているので、ここで新たなカードを切ってきたとすると、ひょっとしてひょっとするかもしれない。。と思っています。

と、なると、ですよ。オカダがAJに勝つ前提ではありますが、あのドームのセミファイナルのIWGPタイトルマッチの再現となるわけで、内藤さんの「ファン投票で試合順を決めよう」発言もリアリティを帯びてくるわけです。インターコンチのカードがどうなるかはまだわかりませんが、オカダvs.内藤はメインをはれるのか、という楽しみも出てきて余計に期待が高まります。どうかなー。結果的にあの頃より良い内容の試合にはなるでしょうが、ファンの期待をどこまで集められるか、オカダにとっても試金石となりそうです。

と、かなりたらればの話になってしまいましたが、たらればを楽しめるのもプロレスのいいところ。その先を見据えながら楽しむ10.12もいいかもしれません。

ちなみに僕の予想ではロスインゴベルナブレスのメンバー乱入でトランキーロさんの勝利。ソンブラかルーシュが固いところだけれど飯伏さんの加入があれば面白いし57年会つながりで岡林裕二まで来たら最高ですが、そんなカオスは起こらないし、スペイン語のチーム名意味なくなってくるのでそれはありません。

また、僕が2016年の1.4メインで見たいのは、中邑真輔vs.マイケル・エルガンだったりするのですが、それはまた別の話。

ともあれ、今から両国がたのしみだー。